「送達日数+1日および土曜の郵便配達、廃止を検討 

総務省、人手不足で」

このニュースはご存知でしたか?

ちょっとショッキングな

話題ですよね。

では、いったい

どういうことなのか?

このニュースの背景を

2018年9月12日付の

新聞記事を引用して

お伝えすると、

総務省は、手紙やハガキなど

郵便物の土曜日配達をとりやめ、

平日のみにする検討に入った。

人手不足で配達員の負担が

増えているため。

年内にも一定の方向性を

出す方針だが、

利用者にとっては

サービスの低下に

つながるため、

反発する声も上がりそうだ。

総務省の諮問機関、

情報通信審議会の

下部委員会で今後、

議論される見込み。

郵便法では、

全国どこでも週6日

1日1回の郵便物の

個別配達を原則としており、

土曜の配達を取りやめるには

法改正が必要になる。

日本郵便では現在、

土曜に平均約14万6千人が

出勤しているほか、

週6日の配達を維持するため、

内勤者のうち半数以上が

夜間・深夜労働をしている

という。

一方、国内の郵便物は

インターネットやメールの

普及などで、

2017年度に約172億通となり、

2001年度の約262通から

3割以上も減少している。

日本郵便は土曜の配達を

やめることで

全体的な仕事量を減らし、

働き方改革につなげる狙いだ。

また、日本郵便の売上高に対する

純利益の割合は2018年3月期で

1.5%と低迷しており、

仕事量の削減で人件費を抑え、

経営改善にもつなげたい考えだ。


今回の改定で生じる

具体的な影響としては、

まず、次のように翌日に配達される

ことがなくなります。

差出日 配達日

月 → 水

火 → 木

水 → 金

木 → 月

金 → 月

土 → 月

日 → 火

なんと木曜日に差し出した郵便物が

配達されるのは月曜日に

なってしまうんです。

ちなみに、

クロネコDM便は今の所、

土日も配達されるので

週末配達希望の方は

クロネコDM便を利用する

という選択肢もあります。

確かに人手不足なんだろうな~と

思う現象を私自身が経験しています。

それは、私の自宅に郵便物が

届く時間帯です。

何時に届くと思いますか?

夕方5時(17時)ですよ。

これが毎日です。

ちなみに自宅は東京都23区内です。

だからといって、この配達時間で

今まで特に何か困ったり、

問題になったことは

私はありませんけどね。

でも中には、1通62円で

ほぼ全国的に翌日届けることの

できるハガキの恩恵にあずかり、

ビジネスで活用している方や

企業もあるかと思います。

毎日郵便局へ行かなくても、

会社まで郵便物を取りに

来てくれる

企業への集荷サービスは

すでに2018年6月で廃止と

なっています。

===========================================

▼登録者限定のお得な特典や秘蔵情報などを

お届けしている「無料メールマガジン」への

登録はコチラからどうぞ!

https://i-magazine.jp/bm/p/f/tf.php?id=tty5000