お客様へ贈る大切な
DM(ダイレクトメール)

あなたは
年に何回、そして何通
発送していますか?

その数が多いほど、
増えるほど、

発送費用についての
悩みも増えていって
いるのではないでしょうか?

そんな悩みを解消できる
ヒントとなる事例を
今回はご紹介します。

当社の顧客には
行政機関が運営する
文化施設さんが
いらっしゃいます。

ここでは、
3種類の会報誌を
年に6回、約10万通以上

会員さんに向けて
DMで発送されています。

以前は全て同じ手段で
発送されていたので
とても大きな負担が
かかり悩まれていました。

そんな時に
この発送コストを削減
できる方法はないか?
という相談を受けた
当社が新しい手段を
提案させていただき、

現在は3種類ごとに
違う手段で発送されて
悩みを解消されています。

そして、
その具体的な手段とは、
次のとおりです。

【①有料会員さん向け会報誌】
これはイチバン確実に届ける
必要があるので、
お客様が引っ越しを
しても届けられるように
転送システムが使える
日本郵便の「ゆうメール」を
利用しています。

【②音楽会員さん向け会報誌】
これはチケット販売期日に余裕のある
内容が多く、配達エリアもほぼ
一都三県内に収まるため、
低コスト重視で発送できる
「首都圏メール便」
を利用しています。

【③演劇会員さん向け会報誌】
これは販売期日が迫っている
内容のものが多いので、
「首都圏メール便」に比べると
若干単価は上がりますが、
ほぼ3日以内には配達される
ヤマト運輸の「クロネコDM便」
を利用しています。

このようにDMの内容や種類、性質
を分析し、3つの手段を使い分ける
ことによって、

以前と比べ、年間120万円の
コスト削減を実現されています。

だから、今回弊社から
あなたへのワンポイント
アドバイスは、

「DMの内容や種類、性質
を分析し、
複数の手段を使い分ける!」

ぜひ試してみて
くださいね!

===========================================
●DM送料値上げでお困りの方!
●DMの反応率でお困りの方!
●DM発送作業の手間でお困りの方!
等々、

▼問い合わせフォームより
どしどしご相談ください!

https://www.mckk.co.jp/add.html

℡:0422-41-1746(9:00~18:00)
===========================================

▼過去の記事はこちらフェイスブックページに
アップしております。

https://www.facebook.com/dmchiebukuro/

「いいね」していただけると非常に嬉しいです。

***************************************************
ダイレクトメール、会報誌の発送代行専門
創業平成7年7月の信頼と実績
武蔵野コーポレーション株式会社
181-0003
東京都三鷹市北野1-3-29
TEL 0422-41-1746 FAX 0422-41-2005
https://www.mckk.co.jp/
問い合わせメールアドレス tt@mckk.co.jp
****************************************************

必要ない方は下記アドレスより
解除できます。

https://i-magazine.jp/bm/p/f/tf.php?id=tty5000