ゆうメール、クロネコDM便の値上げ【最新情報】

平成29年4月より、日本郵政の「ゆうメール」が値上げになっているのはご存知でしょうか?
配布枚数にもよりますが、@5円〜@10円の値上げになっています。DM発送を定期的にしている企業にとっては、コストの見直しを迫られることでしょう。

クロネコDM便もついに値上げ

ヤマト運輸は個人でも容易に利用できた2015年3月31日の受け付け分をもって「クロネコメール便」を廃止すると発表しました。
廃止を決断した理由は「信書」違反に問われる利用者が相次いだことだそうです。

そのクロネコメール便の後継、『クロネコDM便』はヤマト運輸と契約した業者が使うことができます。
全国一律料金で、数量や出荷形態などの諸条件に応じて、お客さまごとに価格を決めているのが特徴です。
※1個あたりの上限金額は164円となります。

このクロネコDM便は現在コストが安いので、弊社でも多くの発送業者の選定の際には、よく利用しています。
しかし、コストが安いのが特徴であったクロネコDM便にも、値上げ交渉がきているのです。

値上げ幅はどのくらい?

全国で@10円ほどの値上げになることが予想されています。値上げの時期ですが、ヤマト側とては2017年7月1日を希望しているそうです。
今現在であれば、ゆうメール大口割引の方が大分割高になってる状態ですが、クロネコDM便が値上げ開始になりますと、単価の方はほぼ拮抗します。
ゆうメールの大口割引は毎年4月1日に契約更新になるため、平成30年(2018年)に再値上げの可能性もあります。

2017年6月からは郵便ハガキも52円から62円に値上げされ、一部定型郵便物の料金も値上げになります。

詳しい情報は日本郵便HPで確認できます。

http://www.post.japanpost.jp/notification/pressrelease/2016/00_honsha/1222_01.html

DM発送コストの見直しを

多くのロットでDM発送を送っている企業様は1円でも発送料金が値上げになると、コスト的に大打撃ですよね。
この場合、単に送料だけではなく、発送までにかかる人件費や外注費などのコストを総合的に判断して、コストを下げてゆく方法をオススメします。
もしかしたら郵送料金が値上げになっても、その他のコスト削減で結果的には、発送費用が安くなったなんてこともありませからね。

DM発送のコスト削減なら、是非一度弊社にご相談ください。

相談窓口はこちら

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です